元々「機械好き」「新し物好き」の私が巡り合ったのがレーザー加工機でした。レーザー加工機の種類は色々とありますが趣味の延長ですので低価格のダイオードレーザーからスタートしました。

初代は「Cubiio2」メインがAndroidの為に1か月程で機種変更しました。二代目は「Atomstack p9 m50」です。小型で重宝していましたが1か月程で現在使っている「Atomstack X20 Pro」です。別途「R30」も購入しました。当初はco2レーザーも検討したのですが価格の面で躊躇しました。又、私が加工したかった対象物はステンレス等の金属類が多い為にCO2レーザーも苦手としていたのでダイオードレーザーにしました。追加で購入したR30が最強のレーザーモジュールとなっています。

今は勉強の期間です。対象物によってレーザーの設定値は多種多様となります。私的には1年程が勉強期間と考えています。その間に色々と知識を習得したいと思います。そして1年の期間が過ぎた時点でビジネス展開をしたいと考えています。

新機種追加しました。WAINLUX K8 10W機種です。カメラが標準装備されています。加工範囲は130mm×130mmです。小物の商品制作では十分な加工サイズです。私の場合、切断はX20で対応、細かい彫刻はWAINLUX K8でやっています。

更にマシンを追加しました。追加したマシンは「AtomStack A12 Ultra」です。内部カメラ装着、集塵カバー装着のマシンです。パワー的には24Wマシンですが、かなり良いと思います。

レーザー加工機にはファイバーレーザー、ダイオードレーザー、CO2レーザーと幾つか種類もあります。レイザッカでは主に「ダイオードレーザー」をメインとしています。その理由は価格です。但し、問題もあります。メーカーによるサポート体制とかは弱いと思います。基本、独学です。加工する素材とレーザーの速度、パワー等々試験の繰り返しでした。当然、メーカーの助言は貰えますがやはり独学メインです。レイザッカでは1年間使いまわした結果、ある程度のノウハウを蓄積出来ました。結果、新たに作りたい作品に向き合う際に完成までの時間は大幅に短縮されたと思います。又、作品を作る上で必要なスキルがあります。CADの知識、デザインの知識等々です。私の場合20年以上のCAD経験、Webを含むデザインの経験等がプラスとなっています。又、これらの知識が薄い方でも対応できるサポート体制を作りつつあります。将来はレイザッカ加盟店を募集したいと思います。マシン選びから素材の提供、設定等のアドバイス、オリジナルデータの提供を出来る体制を準備中です。レーザー加工機があればメーカーが用意したデザインやサイトで入手したデザイン等々を使って作品は出来ますがオリジナル作品はそこそこの知識が必要です。又、試作品を作る過程で何度も繰り返し無駄な時間が過ぎます。近道はするものです。今後、様々な情報を紹介したいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

MENU
PAGE TOP